• 日本語
  • English


夫婦カウンセリング


ワーク・ライフ・バランス — 

夫婦カウンセリングで解消 世界経済フォーラムの発表によると、男女平等の度合いを指標化した「男女平等指数」の2007年の総合順位は、わが国の場合は91位で、2006年の80位からさらに後退した。雇用機会や所得水準、国政への参加率などの面からみて、わが国においては依然として課題が大きいことを示している。 調査項目の中でみると、最も低かったのは国政への女性の参加率(95位)に加えて、企業幹部や経営者への女性進出率(94位)など、社会参加を示す項目。労働参加率(73位)、賃金水準(90位)など労働指標でも性別による格差が大きかった。 この要な状況を受けてわが国の企業や自治体も、男女共同参加社会の実現を目指して、女性の管理職への登用父親の子育て支援に力を入れつつある。しかし、女性にとってみれば、子育てと仕事との両立、管理職になると責任が重くなる事への不安も大きく、一歩引く姿勢が目立つ。また、男性にとっては、「いきなり子育てといわれても」と戸惑いも大きい。その背景には、家庭における男女のワーク・ライフ・バランスの問題がある。 最近、共働き夫婦の間で「夫婦カウンセリング」を受けるカップルが広がっているのも、仕事と生活の両立や心のすれ違いの解消が強く求められている現れといえよう。 Epoch 第一学習社 「最新(六訂版)生活ハンドブック 資料&成分表 五訂増補に本食品標準成分表 準拠」

  • 東京カウンセリングサービスのサービス内容
  • 施設のご紹介

  • 東京カウンセリングサービスとは?
  • ご予約・東京カウンセリングサービス

  • ページトップへ戻る

  • トップページ
  • TCSについて
  • お知らせ
  • サービスの内容
  • 料金のご案内
  • 施設のご紹介
  • カウンセラーのご紹介
  • ご予約・お問い合わせ
  • アクセス
  • TCSに電話をする
  • TCSにメールをする
  • TCSサイトをブックマーク

Copyright © 2007-2009 東京カウンセリングサービス All Rights Reserved.

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー